サンライズ

イヤホンを外した スマホから目を離した 花びらを落とす桜と 不意に囀ずる鶯散ってしまう前に気づけてよかった 春の気配に白く空を埋める模様 陽が昇り夜を染めるよう 足を止めて見上げてた 自然に溶け込む暖かな頬の色 落ちた花びらは 無機質なコンクリート…

承認

救われたくて認められたくて もがいて振り回した腕で テーブルのグラスを落として割った そんな過去に申し訳なく生きてんだ許されたくて だから優しく見られようとしてんだ グラスを隠しながら投影のスコープの向こう側にいるわたし 観ているのも多分わたし …

永田カビ さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ の 話

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ作者:永田カビ発売日: 2016/06/30メディア: Kindle版 ずっと気になっていた本を買いました今のわたしに感情を言語化できる能力が無いので ストレートに言うますけど925円の価値は無い けどめちゃくちゃ面白かった 面白…

肺腑

生きるために 免罪符として自傷する と言う人がいる気持ちはわかると言おうと思ったが やっぱりわからなかった 切ったところで政府は助けてくれないわたしもそう考えてた時はあった そう思うしかないとだけどそうじゃない 快楽の言い訳を付け足したかっただ…

ピノキオピーわくわく

Spotifyに『五臓六腑』配信されましたね! 自分のブログ読みながら聴いてたけど ちょくちょく違うとこがあって面白かったなにがとか言い出すとまた長いから書かんけど 最近ピノキオピーのライブが迫っていたせいか ピノ欲が盛り上がっていた延期はまあ切ない…

失樂

愛し合うことで 失うものがあるとして それがもう手に入らないとして私を壊すことで 落とすものがあるとして はたまた出会えるものがあるなら さ煙りく弛む視界の中に 記憶が剥がれてくけど でも 私幸せこんなふうに 産毛をまとった私は 思いもしなかったわ…

雨サーキュレーター

寒い もうなんなんよ やる気が起きたと思えば雨だよでもやると決めたからにはやる プールも行く今は服を買いに行く途中 本当に買うかはわからない 行く店に無かったら何も買わないなぜ突然買うと決めたかっていうと なんとなく パーカーが欲しくなったくらい…

怖い夢

曇った中天 闇夜の車を片耳に 布団の中でわたしは 楽しかった過去の 風景が流れて わたしは肩をぎゅっと押さえるなにが怖いのかわからないのね だけどなにか怖いのね 今日はどんな昔を振り返させられるの夢の中のわたしはいつも 今ここにいる顔してる癖に過…

夜の狭間

眠れそうなとき 動悸が裂けそうになる 夜中を掴もうと 手を開いては閉じ また開いては閉じわたしを夜の狭間から追い出さないで そんな感じに出っ張り握ろうとするの そして舞うのは埃とCO2まだ夜に居させてよ ねぇ、わたしは寝ても 明日にはなにも期待できな…

過眠と不眠の狭間で

外の気温は7℃ 空調も消しているというのに わたしは汗をかいて布団の中で 夜を掴もうと目を閉じている眠れない どれだけ時間が経ったかもわからない 苦しい 暗闇にのたうち回り背を丸めて小さくなる 薬を飲まないとこんなにも眠れないのかと絶望するお気に入…

2019年個人的ボカロヒッツ -下半期-

こんにちは ここからは7月以降の曲を取り上げます 12月の最中に書いているため、最新曲などは取り入れられませんが、載せたいものを載せられるだけ挙げたいと思います 【オリジナル曲】キミマデ・ツーステップ feat.鏡音リン&鏡音レン【犬神 弘樹】犬神 …

2019年個人的ボカロヒッツ -上半期-

はー年末 今年のボカロシーンはどうでしたか 相変わらず工作まみれで交錯してましたか というわけで今回は わたしが今年聴いたボカロ曲を振り返っていこうと思います まぁUTAUもあるんだけども今年を騒がせたボカロPの名前 皆さんわかりますかね?わたしは音…

小学3年生の自分に会う夢を見た

幼稚園みたいな建物の近くで、 諦めたような目付きをしながら、 寂しそうに物欲しげっていた。「名前はなんて言うの?」 知っていながらも聞いてみた。 視線を変えず前を向いたまま、 僕は小声で、僕の名前を呟いた。僕は小さく溜め息をついて、 僕に小さく…

1年前の今日

彼氏なんかじゃなかったけど いなくなったことを切なく思うよ 今日からの仕事を乗り切る元気を また捻り出さなきゃいけない だから出来るだけ 忙しなくしなくては、なんて 仕事はいつも通り嫌なのになこれはベストエンディングから 何番目のハッピーエンドだ…

恐怖に殺される

近頃いろんな事が怖い恐怖が興味に代わって 喉笛を突き破ってくる孤独も焦燥も貧困も叱責も無力も全部自分のせいだから何もできない また今日も酒を浴びる 緑茶割りのオン・ザ・ロックスもう辞めたい 人生なんてつまらないし 息苦しいし 何故薬を飲むのかも…

壁紙

壁は返事をしません 壁に描かれた肖像画も応えません そういうものだから仕方がないリアクションのない壁に呟いたとこで 壁に感謝なんてしないでしょう? 返事のない背中に話しかけ続ける子供も いつかは諦めてやめてしまうでしょう負のスパイラルが始まるの…

薄情な日曜日

僕がやること 言い訳を作ってる 羽子板じゃなくて真名板で 具を軽快に切る 夜に向かって 進む足音のリズムに 合わせて切る西日、影絵、柔軟剤の匂い、 蜂蜜を入れたヨーグルト、 子供、煙草、蛍光灯の紐、 冬を迎える木々の宴。ああ 薄情だ 薄情だ 白い食器…

きらびやか

宵闇の華美を 仰向けで見上げて 底のない水に 溺れて逝きそう口から気泡が漏れる 苦しくないのに肺は悶える闇に融けてゆくなら 今日このまま どうかこのまま 私を曖昧にしてだけど逃げ場なんてない この世のどこにも 夜の喧騒に消されようと フッと躯体を 電…

他者弁論

自己主張のふりした他者弁論は 強がりのお面を蹴散らすと共に 簡単に心を溶かしていったああ、iPodが壊れてなきゃと 自分の都合を呪う日々だ 聞きたいときに聞けない声の 在処を北へ南へ彷徨いよろけてるけど縋ってた糸を 黒塗りして 目の奥では見えなくした…

比重

光の粒を1つ拾った これは僕のカケラだ 柿落としに踵をつけた やっと見つけたみたいに両手で握る 下瞼にお前は乗っかってきたんだ前屈みに後ろ向きな人生だったのだ 防衛線を踏み抜かないようにしてたのさ そんな頼らないようで越えない壁にもたれてた日々は…

可哀想

どうもお久しぶりです 例の人で騒がせてる人です 一段落ついたような感じなので結果から報告すると子供が可哀想な結末に着地しましたわたしの言葉は無意味でした きっと彼女も被害者なんでしょう まともな感情の機微を知らないで生きてきたんでしょう 人は経…

う゛ー

酒が変な回り方してきたからブログ書きまーす 最近ほんとに声出せなくてまじでつらい なんなの なんのための1人なの 意味わからん 家にいたって落ち着かないとか最低最悪 わたし以外の人類死んでしまえ 危険思想かよ キャスでコラボしてよとか言われてもで…

嘔吐感

口から出まいとしない 場所を間違えられてんだ わたしを助けて 心がそう嘆いた 出る場所を間違えられたんだ

わからないんだよ

ちゃんと言ってくれなきゃわからないよ ここに来てくれなきゃわからないよ 君の言う僕の価値が 君の態度と違って感じてしまって わからないよ苦しいくらい食べて 吐き出しそうな星屑を栄養価に還られたら だけど食べるのは 美味しくもないコンビニのおにぎり…

解り合うこと

子供向けのマンガやアニメで 話し合えば解り合える と宣ったりするけど その割に暴力には暴力で応えるよね話し合って解り合いたいなら 暴力に無抵抗でいつまでも訴え続ければいいどうしても解り合えないって人は必ずいるよね 一重音楽好きだって解り合えない…

白昼夢のように さめざめと泣くように 餌に群がる人畜が 恐ろしく遅く見えたんだ君は口癖みたいに言ってたろう 君は愚痴の返しに言ってほしかったのだろう 他でもない誰かにもういない もういない 地面に引っ張られた君は もういない

海中散歩

理想を覗き込んだ時に思う 楽しい夢を見た朝に思う 身動きが自由に取れないのは 実在地上平面上のこの地球の方だ無色の抵抗力が我が身を押し返してる プールで歩いてる時と似ている目が覚めてる時に見る夢も 眠っている時に見る夢も 現実よりフリーだ 発想も…

dream-output-teleportation

真夏、締め切った部屋で 遠く、蝉の音を聞きながら エアコンガンガンつけて 昼寝してたら夢を見てさ 二回目なんだ、この夢 だけど六日目だったかな? その世界はSF学園もの でも舞台は田舎の日本 ツイッターもスマホもあるスマホが学生の身分証明に使われる…

失恋ソングは焼そばのソース

m.youtube.com 失恋ソングを聴くと 恋愛ってめんどくせえんだなぁって最近は思う 若い内はむしろ 失恋ソングを聴いて感傷的になるために恋愛はある! くらいに大胆になってたけどいろんな思惑とかを知ると 各所に 過去に申し訳なくなってきてそんなわたしに …

梅雨のカーテン

ブラウン色のカーテンを 手子摺りながら閉めた そんなところで一人分の空間なんて得られないんだよ問診票には死を並んで カルテには夢が並んで 警戒心という名の傲慢が 鉄槌の降り下ろしどころがわからなくなってる 水面を蹴る車輪の音 個性のない柄物の傘 …